顔イボ対策のランキングから種類まで!最新情報公開!

顔イボ対策のトップ画像

このサイトでは「今すぐどうにかしたい顔イボ!」の対策に、一番効果的な“最新情報”の調査結果をお知らせしてます。

筆者も「顔イボ」に悩まされた経験があるので、「顔イボ」について調べているあなたの気持ちに寄り添う形で、説明させていただきます!

 

顔イボ対策の種類

顔イボはどのように対策するのが一番ベストなのでしょうか。
まず顔イボの対策には現在大きく分けて2種類あります。

・自宅で「イボ取り(除去)クリーム」を使用する。

・クリニックでイボを除去してもらう。

注意
※自分で切除する行為は顔イボを悪化させる可能性があるので、
絶対にやめましょう。

このサイトではご自宅で「イボ対策クリーム」を使用する場合と、皮膚科などの病院でイボを除去してもらう時の最新情報をお知らせしていきます。

次から筆者がおすすめの顔イボ対策方法である、「顔イボ除去クリーム」をランキング形式で紹介します。

 

顔イボ除去クリームランキング:2018年最新情報

顔イボでお悩みの方は「今すぐにでもどうにかしたい!」ということで、
かなり衝動的な行動をされる場合もあります。

筆者の場合…

・市販のイボ対策グッズを試す⇒効果を実感できない。

・近くの皮膚科で除去してもらう⇒再発してしまった。

 

この経験を経て、「顔イボ除去クリーム」にたどりつきました。
顔イボを除去、もしくは軽減してくれるクリームは次のような方におすすめです。

・はじめて「顔イボ」ができてしまい、どうしたら良いかわからない。

・様々な顔イボ対策をしてきたが、今現在も顔イボが残っている。

 

ここでは最新のデータを元に「比較的効果を実感するのに短期間で済む顔イボ除去クリームランキング」を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

(※顔イボランキングデータ:イボ除去クリーム売上数、リピート率、口コミとレビューの「効果アリ」とされたデータ数の最新データ)


第1位 「クリアポロン」

クリアポロンが顔イボ除去クリームランキングに登場!
⇒「クリアポロン」公式サイトはこちら

 

クリアポロンが選ばれる3つの理由

1. 支持され続けて100,000個(10万個)販売!
⇒満足度も93.1%と高くリピーター率が良いのも納得です。

2. 目元にも使えるので市販品より安心!
⇒市販のイボ取りクリームでは実現できなかった、目元などの「顔」に使用できます。

3. 初回限定割引がお得だから試しやすい!
⇒通常価格6,800円のクリアポロンは初回限定で1,800円!お試しやすい価格です。

 

 

「クリアポロン」商品詳細情報

・通常価格 : 6,800円(税抜)

・お試し価格 : 1,800円(税抜)

・申込特典
※送料無料
※「フルーツの雫」ピール石鹸プレゼント!
※安心の180日間返金保証つき!

⇒「クリアポロン」公式サイトはこちら


第2位 「艶つや習慣+(プラス)」

艶つや習慣+が顔イボ除去クリームランキングに登場!
⇒「艶つや習慣」公式サイトはこちら

 

 

艶つや習慣+(プラス)が選ばれる3つの理由

1. 60万個突破の大人気イボ取りクリーム!
イボ取りの効果が比較的早くわかるので多くの人に選ばれています。

2. 妊婦さん男性、子供でも利用できる!
⇒デリケートなお子様の肌や、使用可能か不安な妊婦さん、イボにお悩みの男性などご家族全員で使用できます。

3. 初回半額!WEB限定の大幅割引がある!
⇒通常4,104円が初回限定で2,052円!しかも送料無料なので試しやすいですね。

 

「艶つや習慣+(プラス)」商品詳細情報

・通常価格 : 4,104円

・お試し価格 : 2,052円

・申込特典
※送料無料
※プレゼント包装可能

⇒「艶つや習慣」公式サイトはこちら


第3位 ぽろぽろとれる杏ジェル

ぽろぽろとれる杏ジェルが顔イボ除去クリームランキングに初登場!
⇒「ぽろぽろとれる杏ジェル」公式サイトはこちら

 

ぽろぽろとれる杏ジェルが選ばれる3つの理由

1. ピーリングジェルだから美容効果抜群!
⇒毛穴の汚れや肌のくすみを除去できるから化粧のりが良くなります。

2. 足のニオイやかかとのガサガサにも利用可!
⇒顔イボだけではなく、かかとやひじのケアにも使用できます。

3. 元々安いのにボーナスコースで更に安くなる!
⇒通常3,000円と比較的安いのに、申込プランによって500円引きになります。

 

「ぽろぽろとれる杏ジェル」商品詳細情報

・通常価格 : 3,000円(税抜)

・お試し価格 : 2,500円(税抜)

・申込特典
※送料無料
※初回限定の特別セットもアリ

⇒「ぽろぽろとれる杏ジェル」公式サイトはこちら


今後も顔イボ除去クリームの最新情報が入り次第ランキングを調整していきます。

 

「顔イボ」の種類!あなたのパターンはどれ?!

(※「イボ」は専門用語で「疣贅(ゆうぜい)」と言います。)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)の原因と症状

尋常性疣贅の形

原因⇒尋常性疣贅はヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫)という通常空気中にも含まれる「ウイルス」が原因でできるイボ(疣贅)です。

子宮頚がんなどの知識がある方は「ヒトパピローマウイルス」をご存知かもしれませんが、この尋常性疣贅は良性腫瘍のイボですのでご安心ください。

症状⇒外部からの刺激を受けやすい「手指」「膝」「足」「顔」などに現れます。

キズなどが原因で感染し、数週間、数か月たつと皮膚にポツポツとできてくるのが尋常性疣贅です。
大きくなる場合や表面が角化して色が変わっていく場合があります。
顔イボの場合には、先端がとがった細長いタイプの尋常性疣贅になる事が多いです。


扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)の原因と症状

扁平性疣贅の形

原因⇒扁平疣贅は尋常性疣贅と同じヒトパピローマウイルスの感染によってできるイボです。
ヒトパピローマウイルスの種類は100を超えますが、この内イボの原因となるとは4種程度です。

症状⇒尋常性疣贅と違い、その名の通り平べったい「扁平型」のイボになります。
「顔」「手指」「腕」「手の甲」などにできるのが特徴です。


青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)の原因と症状

成年性疣贅の形

原因⇒前述のイボと同様にヒトパピローマウイルスの感染によってできるイボです。
若い女性、主に20代から30代の女性にできるので「青年性」という名前がつきます。

症状⇒若い女性が一番気になってしまう「顔」や「手」、「腕」などにできます。
平べったいので化粧で隠そうするあまり、かえって悪化させてしまうなどの症例も確認されています。


老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)の原因と症状

老人性疣贅の形

原因⇒老人性疣贅の原因はいまだ不明瞭な面もありますが、有力な説としては遺伝的要因、紫外線、皮膚の老化などがあげられています。

前述のイボのように「ウイルス性」ではありません。

症状⇒老人性疣贅は「顔」「首」「腕」などにできる場合が多いです。
黒色、こげ茶色など褐色系が多く、平らな形のまま膨らむのが特徴のイボです。


脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症の形

原因⇒基本的には老人性疣贅と同じなのが脂漏性角化症です。
若い人にもできる可能性があるのでその場合は脂漏性角化症と呼びます。

紫外線によく当たる部位にできることが多く、「顔」や「首」「腕」などにできるイボです。

症状⇒大きさは1mmから数センチになります。
初回は小さいので気づきにくく、治療が遅くなると数多く広がってしまう場合があります。

平らなもの、いびつな形で膨らむものと様々な形があり、黒っぽいものもあるためホクロやシミと間違われる場合があります。

 

その他のイボの種類

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)の原因と症状

原因⇒「水イボ」と呼ばれる伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)は「ポックスウイルス科」の「軟属腫ウイルス」が皮膚で増殖することでイボになります。

良性腫瘍ではありますが、伝染性が高く全身に広がってしまう場合があります。

子供の場合にはプールで感染する場合もあるので注意が必要です。

症状⇒伝染性軟属腫は内部にウイルスなどが塊となった1mmから5mm程度のイボです。
治りかけは「かゆみ」を感じるのでかきむしってしまい、指先のウイルスが他の部位へと移り広がってしまう場合があります。


尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)

原因⇒性器、性器の周りにできる先のとがったイボで、ヒトパピローマウイルスが原因になります。
性感染症の一つなので、早期の治療を心がけましょう。

症状⇒感染した場合数週間から数か月の潜伏期間があり、感染した場所に先がとがったイボができます。
性器、性器の周り、肛門や足の付け根にかけてできる場合があります。
発症しても見えない部分にできる場合があるので発見が遅れる可能性も高いです。

大きさは1mmから3mm程度ですが、数多くできてしまう場合があります。

 

顔イボ対策で一番大切なこととダメなこと

ここまで「顔イボ対策の種類」「顔イボの種類」「顔イボ除去クリームランキング」などについて説明させていただきました。

顔は毎日鏡で見るものなので、「あ!顔イボが出来てる!」ってなると、かなり衝動的な行動に出てしまいます。

そこでここでは、筆者やその他の顔イボに悩んできた人が経験した、顔イボができた時の行動として「ダメなこと」と「大切なこと」をお知らせします。

顔イボができた時の一番ダメなこと。

一番ダメなのは「自分で潰したり、切ったりすること」です。

一瞬痛い思いをして表面上「顔イボ」を取り除けたとしても、もしそれが「ウイルス性の顔イボ」だったら、更に広がるおそれがあります。
そもそもウイルス性なので、顔の皮膚の弱い部分(傷など)から感染します。
自分でどうにかしようとは絶対にしないでください。

また、筆者が行った「顔イボ対策のダメダメな流れ」は以下の通りです。

1. 自分の顔のブツブツに気がつく。
⇒朝、鏡を見ると頬の下あたりにポツポツと…あせもか、かぶれかなと思っていました。

↓↓  ↓↓  ↓↓

2. 普段は化粧で隠して放置。気になった時にかゆみ止めを塗る。
⇒まだ「顔イボ」ではなく、一過性のものだと思ってるので、この程度で終わらせてしまいます。

↓↓  ↓↓  ↓↓

3. 顔のイボイボが「成長」してきてはじめて「顔イボ」だと気がつく。
⇒数週間してからようやくちょっと細長くなってきたので、ネットで調べてみると、「顔イボかもしれない…」とはじめて思いました。

↓↓  ↓↓  ↓↓

4. とにかく市販薬ですぐに治したい!ドラッグストアで顔イボ対策商品をゲット。
⇒「イボコロリ」は顔に使えないみたいなので、他の「イボ対策用」の塗り薬や飲み薬を購入。

↓↓  ↓↓  ↓↓

5. いつまでたっても「顔イボ」が治らない…
⇒しっかりとイボ対策用の塗り薬と飲み薬を続けていても「顔イボ」が治りませんでした。

↓↓  ↓↓  ↓↓

6. 病院で切除してもらう。
⇒近くの皮膚科で診察。取り急ぎは切除してもらうことで一安心。

↓↓  ↓↓  ↓↓

7. ほどなくして「顔イボ再発」
⇒この時点で本当に「ずっとつきあっていかないといけない病気なんじゃないか」と思い始めてしまいました。

↓↓  ↓↓  ↓↓

8. 再度調べて「ネット通販限定販売の顔イボ除去クリーム」の存在を知る。
⇒市販薬よりも厳選された成分で質の高い商品が「ネット通販」で販売されたのを知ります。
最後の手段と思ってすぐに申込しました。

↓↓  ↓↓  ↓↓

9. 数週間で「顔イボ」を気にしなくて良い生活に!!!
⇒「いっちばん最初に試しておけばよかった!」と後悔しましたが、
ネット通販限定販売の顔イボ除去クリームのおかげで「あれ、そういえば最近顔イボができなくなってきたな」と思える日がきたんです。

筆者のような「とてもながいまわり道」をしてほしくないので、当サイトのトップには「顔イボ除去クリーム」のランキングを掲載させていただきました。

しかし私の場合たどり着くまでが長すぎですねw

 

顔イボ対策で一番大切なこと。

顔イボができた時の衝動的な行動やダメダメなまわり道はよくおわかりいただけたかと思いますw

私が様々な情報を得たり、自分の実体験から感じる「顔イボ対策で一番大切なこと」はこうです。

・初期の段階で「顔イボ」を疑ってみる。
⇒顔イボは小さいうちに対処しておけば、ひどくなることはありません。
初期段階ではなかなか難しいのですが、ちょっと治りにくい「ブツブツ」だと感じたら、すぐに対策にうつりましょう。

・安価な市販品で済まそうとせず、ネット通販限定の顔イボ対策商品を試す。
⇒こちらも「早めに」がコツですが、市販品はどうしても衝動的に行動した時にかけ込みやすいんですよね。
しっかりした対策と早めの改善を望むのなら、ネット通販限定で質の高い商品を選んだ方が結果的に早く改善できます。

・一度は病院を受診する。
⇒自己判断で「あ、これは〇〇タイプの顔イボだな」と判断して違う病気であることもあるかもしれません。
病院は基本的に「対処療法」といって顔イボの切除がメインの治療になります。
これだと顔イボの予防もできませんし、切除しても再発する可能性もありますが、「顔イボであること」をしっかり確認するためには必要なことだと思います。

筆者の場合はながく時間をかけて(失敗が多かったからですが…)顔イボ対策を行いましたが、
現在の様々な「顔イボ除去クリーム」が開発されています。

顔イボは「ついたまま生活」するのと「しっかり対策して改善しつつある状態で生活」するのでは全く違います。

ぜひ当サイトのランキングや基本知識のページを参考に顔イボ対策をスタートさせてください。

↑顔イボ除去クリームランキングに戻る↑