尋常性疣贅の原因と治し方!簡単でもしっかり対処する方法。

SHARE

尋常性疣贅の原因と治し方!簡単でもしっかり対処する方法。

尋常性疣贅
⇒自宅でできる!最新イボ対策はこちら
 

尋常性疣贅とはどのような原因で発症する病気なのか

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)とはヒトパピローマウイルスが皮膚底に侵入することが原因で良性のイボを形成するウイルス性の皮膚疾患です。

ヒトパピローマウイルスとはパピローマウイルス科に属するウイルスで、ヒト乳頭腫ウイルスと呼ばれることもあります。
ヒトパピローマウイルスは100種類以上の型がありますが、尋常性疣贅の原因となるのは主に2型と27型と57型のものです。

尋常性疣贅はウイルスに接触すればうつることもありますが、通常は皮膚がブロックするのでウイルスに接触しても問題ありません。
しかし、皮膚に傷口があるとそこからウイルスが侵入して尋常性疣贅を発症することがあります。
そのため、尋常性疣贅は手指や足底、顔面などの傷ができやすい部位に現れやすいという特徴があります。

免疫機能が正常なら抗体がウイルスを無力化してくれるので、ウイルスが侵入しても自覚症状がないまま自然に治癒することが多いです。

しかし、免疫機能が低下しているとウイルスを無力化できないので尋常性疣贅を発症しやくなります。
免疫機能はストレスを溜めたり、食品添加物を含む食べ物をたくさん食べたり、日焼けをし過ぎたりすると低下しやすくなりますが、免疫機能が低下すると尋常性疣贅だけでなく様々な病気を発症しやすくなります。

 

症状:かゆみや赤みの原因

尋常性疣贅症状は良性のイボができることで、ほとんどの場合はそれ以外の自覚症状はありません。
ただし、まれに赤みやかゆみが生じることもあります。
また、足の裏にできたイボが大きくなると痛みを伴うようになるので、歩行の妨げになることもあります。

尋常性疣贅は傷口からヒトパピローマウイルスが侵入することで発症しますが、ウイルスが侵入したらすぐに症状が現れるのではなく、1~6か月もの潜伏期間の後に症状が現れます。

初期段階では直径1mmくらいの光沢のある半球状の発疹ができますが、この発疹は時間の経過と共に徐々に隆起してイボになります。

イボの大きさは直径1cm未満であることが多いですが、複数のイボが合体すると大きさが直径3cm以上になることもあります。
また、発疹が大きくなってイボになると表面が角化し、色も粗い灰白色になります。

尋常性疣贅は手指や膝、顔面、首、足の裏などの傷が付きやすい部位にできることが多いですが、イボの形状はできる部位によって異なります。

顔面や首にできるイボは先端が尖った細長い突起状になることがありますが、足の裏にできるイボは体重がかかるので隆起せず、魚の目のような形状になります。
また、足の裏にできるイボはいくつかが融合して敷石状になることも多いです。

イボの中にはウイルスが無数に詰まっているので、むやみに触るとウイルスが散らばってイボが増えたり、他の部位にまで広がったり、再発しやすくなったりすることがあります。

そのため、症状の悪化を防ぐにはむやみにイボに触らないようにし、正しい方法で治療することが大切です。

 

ウイルス性のイボ「尋常性疣贅」の効率的な治し方は?

皮膚型ウイルスが皮膚に感染してできる、ごく一般的なイボ「尋常性疣贅」。

 

この尋常性疣贅は、基本的に自然治癒するものではないため、なくすには病院などでの治療が必要です。

 

なお、治し方についてですが、病院では、液体窒素を含ませた綿棒で冷やす「凍結療法(イボができている部分の皮膚を低温ヤケドさせて壊死させる)」が取られることが多く、レーザーでイボを除去する方法も一般的。
また、その他には、免疫をアップさせる内服液の服用で身体のなかからアプローチしていく方法などがあります。

 

ただ、これらの治し方には根気が必要。
とくに凍結療法や内服液での治療には時間がかかり、1回の受診・治療でスグに治ることはありません。
そのため、忙しくて病院に通う時間が取れないと治療が上手く進まなくなってしまうことも。

 

そんなときに便利なのが“イボに効くクリーム”です。

 

実は、イボは“イボに効くクリーム”を使って自力でケアできる場合が!
よって、小まめに病院に通うのが難しいという方は、一度イボ除去クリームの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ウイルス性のイボは、放っておくと広がってしまう恐れがあるもの。

イボができたら、(免疫力を落とさないよう)食事や体調管理にシッカリ取組むとともに、病院を受診する、それが難しいときはクリームを購入するなどして早めに対処していきましょう。
 

尋常性疣贅(イボ)にはネット限定のヨクイニン配合クリームが効く!

 

尋常性疣贅の治し方には、病院で治療を受けるほかに、イボに効く塗り薬を使うなどして自力で治していくという選択肢があります。

 

なお、尋常性疣贅といったイボに効く塗り薬は、ドラッグストアで購入することが可能。
よく知られているものには「イボコロリ」などがあります。

 

しかし、そうしたドラッグストアで市販されている一般的な塗り薬には、入手しやすいというメリットの反面、効き目が薄くて治すのに時間がかかったり、逆に刺激が強く肌に負担をかけてしまったりするリスクが…。
ネットなどでも「市販薬でイボを治そうとしたけど上手くいかなかった」との書き込み・口コミをよく見かけます。

 

ただ、「イボを自力で治すのは大変そう…」と諦めるのは待った!

実は、いいものがあるのです。

それは、ネット通販限定のヨクイニン配合「イボ除去クリーム」。

 

ハトムギ由来の安全性の高い成分“ヨクイニン”(免疫力を高めるとともに肌のターンオーバーを促すことでイボを治す働きが期待される)を効果的に配合した効き目の高いクリームがネットで購入できるんです!

安心して使うことができ、なおかつイボにシッカリ効く商品をお探しなら、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

⇒自宅でできる!最新イボ対策はこちら