扁平疣贅の原因と治し方!一般的でもしっかり対処しないと長引く?!

SHARE

扁平疣贅の原因と治し方!一般的でもしっかり対処しないと長引く?!

扁平疣贅
⇒自宅でできる!最新イボ対策はこちら

扁平疣贅とはどの様な疾病か、その原因とは

・扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)とは

扁平疣贅とは数ミリの大きさで平たく見えるイボのような発疹です。
主に20代前後の若い女性見られる疾患で、顔や手の甲に複数発症することが多くなります。
皮膚の表面がウィルスに感染すると、皮膚の角化細胞が正常に成長できずに、イボと化してしまうのです。
重篤な疾患ではないのですが、若い女性は顔に出来ると見た目が気になり、一刻も早く治したいと思う病気です。

 

・扁平疣贅の原因

扁平疣贅原因は皮膚のウィルス感染です。
原因となるウィルスとは「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というもので、このウィルスは現在では100種類以上もの型が認められています。
その為に、同じ扁平疣贅でもどのHPVに感染したかで症状が異なる場合もあります。
扁平疣贅の原因として多いのがHPV-3とHPV-10です。

感染経路は接触感染であり、ウィルスのキャリアと皮膚や粘膜を接触させると発症します。
中には医療機関で医師や看護師の手や医療器具などから感染するというケースもあるのです。

更にはウィルスのキャリアが使用したアイテムに触れた為に、間接的に感染するという可能性もあります。
皮膚や粘膜にキズのある人は特に感染し易くなります。
手はウィルスに直接感染し易く、顔は手で触る為に感染し易いのです。

一度ウィルスに感染してしまうと、自然に治癒させるのは困難です。
女性は顔に発症すると気になるものですので、早目に気づいて治療することが大切です。

 

若い女性に多く見られる扁平疣贅の症状について

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)は、若い女性に多く見られるイボのことです。
扁平疣贅の症状は以下の通りです。

・複数発生する

扁平疣贅は、数ミリ程盛り上がった丸いイボのような発疹です。
ウィルス感染が原因で発症することが多く、爪でひっかいたりすることでウィルスが皮膚に広がり、1ヶ所に複数の扁平疣贅ができることが多くなります。

・刺激による増える可能性がある

扁平疣贅は周囲の皮膚に刺激を与えると、その部位が変化して同じ様な扁平疣贅が表れるという特徴があります。

・自覚症状は殆どない

扁平疣贅は発症しても自覚症状は殆どありません。
見た目はイボの様は発疹ですが、人により軽い痒みを感じる程度です。

・赤みのある色をしている

扁平疣贅の色は人により違ってきます。
薄い赤味を帯びている状態の人もいれば、全く普通の皮膚の色と変わらない人もいます。
これは皮膚が炎症を起こしているかそうでないかの違いによります。

・顔や手に表れ易い

扁平疣贅は顔や手など人の目に触れる場所に表れ易くなります。

 

女性の場合は見た目を気にするので、特に自覚症状がなくても早く治したいと思うものです。
扁平疣贅が発症したら、広がらないうちに早目に治療することがポイントです。

 

プツプツできるウイルス性イボ「扁平疣贅」のオススメの治し方は?

顔や手などにプツプツ現れるウイルス性のイボ「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」。放っておくと他の場所にも拡がってしまう危険があるため、症状がみられたら早めの対処が必要です。

なお、治し方としては、病院を受診して、内服液や抗炎症クリームを処方してもらうのが一般的。

また、症状が悪化しているときには、液体窒素を使う方法(患部を低温ヤケドさせ壊死させる)やレーザーでイボを除去する治療方法が取られることもあります。

 

ただ、内服液を飲んで免疫力を高める方法には治るのに長い時間がかかるという問題があり、液体窒素やレーザーを使用する方法についても、治療時に痛みを伴うことがある/治療箇所が痕になることがあるといったリスクが…。

 

また、そもそもイボは治療を1回受けたからといって簡単に治るものではありません。数カ月にわたって何度も病院に足を運ばなくてはならないことが多く、忙しさから途中で治療を諦めてしまう方も少なくないのが現状です。

そのため、ここでは、より効率的な別の治し方をご紹介したいと思います。

 

それは、ネットで限定販売されている効果の高い「イボ除去クリーム」で治すという方法!

 

これなら、自分のペースで取組めるため、忙しい方でもシッカリとイボを治していくことができますし、液体窒素治療などと違って痕を残す心配もありません。
自力で効率よく扁平疣贅を治していきたい方は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

ウイルス性イボ「扁平疣贅」にはヨクイニン配合クリームが効果アリ!

ウイルスが皮膚に感染して発症するイボ「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」は、他の部分に感染が拡大したり、場合によっては他人にうつしたりしてしまうリスクがあるもの。悪化や二次感染を防ぐためには早めの対策が肝心です。

 

さて、このタイプのイボができたときには、皮膚科を受診して治療を受けるのが一般的。
しかし、扁平疣贅は治りにくく再発もしやすいため…、忙しくて病院にきちんと通えなかったりすると、完治までにひどく長い時間がかかってしまいます。

 

また、治し方としては、ドラッグストア市販されている塗り薬を買って自力で治していくという方法もありますが、そうした薬には肌に負担をかける成分を含んだものも多く…使い方を誤ると危険! 肌に痕を残してしまうことにもなりかねません。

では、どうすればいいか…

 

ぜひ試してほしいのは、ヨクイニン配合の“ネット通販限定イボ除去クリーム”です!

 

肌の代謝を促してイボをなくしていく効果が期待されるハトムギ由来の成分“ヨクイニン”をたっぷり配合したネット限定のクリームは、ドラッグストアで広く市販されている治療薬よりも肌への優しさ・有効成分の浸透力に優れており、なおかつ効き目もシッカリ期待できるのが特徴。

イボができてしまったなら…
ヨクイニンを贅沢配合したネット通販限定のイボ除去クリームを使ってみてくださいね。

 

扁平疣贅に効果がある薬をどこの販売店で買い求めると良いのか

扁平疣贅は一種のウイルスによって引き起こされる疣贅でありますが、そのウイルスが表皮のターンオーバーとともにいずれ垢として一緒に剥がれ落ちることができれば、特に病院で治療を受けなくても自然と治る場合があります。

そのターンオーバーを促進し、さらには疣贅の予防の効果も期待できるのが「イボ除去クリーム」です。

 

薬局ドラックストアなどの販売店では、扁平疣贅に対応した薬の種類が豊富でなかったり、疣贅に集中的に効果が出るような薬を取り扱っていても疣贅の周りの皮膚のことまで考慮された市販薬が少ないのが現実です。

ネット通販の販売店が取り扱っているクリームは疣贅の予防と除去はもちろんのこと、保湿や角質ケアに優れている製品が数多くあり、お肌に負担をかけることなく使用することができます。
中には妊娠中の方、子どもにも使用できるクリームがありますのでとても安心です。

毎日のケアでお肌のターンオーバーを促すうえでもネット販売されているクリームは効果的と言えます。

特にネット販売限定で販売されているイボ除去クリームは価格もお手頃で気軽に申し込むことができます。
半額から70%オフなどで販売されており、購入側にとっては嬉しい限りです。

⇒自宅でできる!最新イボ対策はこちら