脂漏性角化症が全てわかる!原因から最新の治療薬まで完全網羅!

SHARE

脂漏性角化症が全てわかる!原因から最新の治療薬まで完全網羅!

脂漏性角化症
⇒自宅でできる!最新イボ対策はこちら

 

脂漏性角化症とは、何が原因で起こるのか?

顔にイボができた・・・病気なの?悪いウイルス?見た目が気になるから改善したい!突然のことに驚いて自己判断で除去を考える方も多いようです。

間違った治療をして症状を悪化させないためにも、脂漏性角化症原因についてしっかりと理解しておきましょう。

脂漏性角化症とは、「老人性いぼ」とも呼ばれ、60代を超えると8割の方が発症すると言われています。

しかし最近は20・30代の方にも発症することがあり、年令を重ねることに増えていってしまう方も少なくありません。

脂漏性角化症の主な原因は紫外線の影響です。

脂漏性角化症ができるメカニズムは、お肌のターンオーバーが正常に働かないことによるシミ生成メカニズムと同じです。

紫外線を浴びることによって過剰に生成されたメラニンが蓄積すると、シミができてしまいます。

お肌のターンオーバーが正常に働けば、古い角質とともにシミのできてしまった皮膚が自然に剥がれ落ちていきますが、生活習慣やストレス、加齢などの原因によりターンオーバーがうまく働かないと、これが肌に蓄積してしまいます。

このシミがぷっくりと盛り上がってきたり硬くなってくると
脂漏性角化症へと発展します。

日焼け止めなどを利用せず紫外線を浴びる機会が多い人ほど起こりやすく、また、遺伝や加齢や生活習慣による体質の変化によって若い頃からできてしまうということもあるようです。

 

脂漏性角化症の主な症状

脂漏性角化症写真画像

画像:Wikipedia

前述の通りシミができるメカニズムと同じであるため、一見濃いシミのようにみえることがあります。

ほくろのように黒くなる場合もあります。

イボと感じるほどぷっくりと盛り上がった状態になるものだけではなく、ほとんど凹凸を感じないほど平らなものもあります。

まれにかゆみを感じる方もいますが、ほとんどの方がかゆみ痛みといったものを感じることはありません。

特徴として、ふれると硬く感じたり、ざらざらとした触り心地であることが多く、これによって脂漏性角化症と判断することが多いようです。

自然にとれた・治ったということはほとんどなく、何らかの治療を施すことによって改善しなければなりません。

 

 

脂漏性角化症の治療方法にはどのようなものがある?

治療、と名がつくものなので、病院での治療がまず挙がります。

病院での施術方法はひとつではなく、液体窒素を利用した治療、美容治療にもよく用いられるレーザーでの治療があります。

液体窒素による治療は保険が適用される為比較的安価に治療が可能であるものの、治療後に炎症後のシミのような跡が残ってしまいます。

時間が経過するに連れ消えていくものの、長い人だと2年ほどその跡が消えないということもあり、顔のイボの治療としては気になるところです。

レーザー治療も同様で、跡が残ってしまうことがあること、盛り上がった厚みのあるイボには利用できないことなどがあります。

軽度の脂漏性角化症にカンしてはこのレーザーで綺麗に治療できることもありますが、基底部分が残り再発することもあるようです。

盛り上がったイボを切除するという方法もありますが、こちらはイボの基底部分が治療されないため、再発の可能性があり効果が期待できません。

ただ、とにかくすぐに軽減させたい!という即効性を求める方は、このような病院での治療を行うことも選択肢の一つでしょう。

すぐにとは言わない、でもしっかりと治療をしたいという方には、自宅でのケアが可能なヨクイニンという成分があります。

肌荒れの改善などにも用いられるこの成分はイボの治療にも利用されており、ヨクイニンが持つ肌のターンオーバーを促進する効果から、肌の上の老廃物の塊である脂漏性角化症を体外へ押し出してくれます。

内側からの働きかけにより脂漏性角化症の基底部分から治療することにつながるため、一度改善すれば再発が少ないとも言われています。

 

 

脂漏性角化症の除去クリームを利用して治療する

毎日のスキンケア同様、自宅で脂漏性角化症のケアをすることができれば、病院での治療費や通うための費用・時間などをカットし、効率よく脂漏性角化症の除去が期待できます。

脂漏性角化症には除去クリームが使いやすくコストパフォーマンスの面でも納得行くケアが可能です。

脂漏性角化症除去クリームは様々なメーカーから販売されていますが、主な成分としてほとんどの除去クリームに使用されているのが、先ほども紹介したヨクイニンです。

除去クリームのように塗り薬として含まれているものだけでなく、入浴剤などにも利用されている成分で、肌トラブルの改善に広く用いられています。

脂漏性角化症の治療薬として効果の高いヨクイニンですが、これが含まれているならどのクリームでも良いか・・・と適当に選んでしまっては早計です。

肌のターンオーバーを利用して改善していくものですから、一般的な美容ケアアイテム同様3ヶ月程度はまず続けることが大切です。

脂漏性角化症の状態によっては更に使用を重ねていく必要があるため、塗り薬を選ぶに当たって価格は重要なポイントになるでしょう。

さらに、単なる肌トラブルではなく、脂漏性角化症の治療薬として使用するのであれば、ヨクイニンを含め有効成分の質や含有量、バランスの点からもしっかりと選びたいものです。

 

 

脂漏性角化症治療薬の販売店は?

脂漏性角化症の治療薬はどこで購入できるのでしょうか。

数は多くないものの、薬局ドラッグストアで取り扱われているものもあるため、皮膚治療や美容アイテムエリアで目にしたことがあるという方も多いかもしれません。

このような市販薬でももちろん効果が得られますが、おすすめの販売店・購入方法はネット通販です。

脂漏性角化症改善のためのクリームは、実はネット通販限定で販売されているものが多く、価格や成分配合の面でも市販薬より満足できるものが多いようです。

特に、継続購入する方に向けた割引販売などを利用すれば、よりお得に購入することが可能です。

自宅にいながらすぐに注文・受取ができるのもネット通販の魅力ですね。

ネット通販のもう一つの利点として、配合された成分などの基本情報はもちろん、実際に使用した方の口コミや評価などがチェックできる、という点があります。

自分の脂漏性角化症と同じような症状、また自分の肌質に近い方の意見はとても参考になるものです。

薬局やドラッグストアでは長居して比較検討するのが難しいですが、ネットであれば自分が納得行くものをしっかりと選ぶことができます。

脂漏性角化症の治療薬は、ネット通販限定のものを検討対象にすることが欠かせません。

 

 

脂漏性角化症はセルフケアでしっかり治すことも可能

顔のイボは見た目の麺からもすぐに改善したい!と急ぎがちですが、きちんとした方法で基底部分からしっかりと治療をしないと再発や跡が残るなどして完全に除去することが難しいものです。

肌に蓄積されたダメージから生まれる脂漏性角化症は、やはり治療にも相応の時間をかけてしっかりと根こそぎ治す姿勢で望むのが、結局のところ最速の治療になります。

イボ除去クリームを利用するとともに、紫外線対策をしっかりとし、可能であれば肌のターンオーバーで美しい肌に生まれ変わるように美容成分の摂取や食生活の改善によって体の内側からのケアもするとより効果的に改善していきます。

効果の高いイボ除去クリームを選択し、肌にもお財布にも負担のない方法で、気になる脂漏性角化症を治療しましょう。

⇒自宅でできる!最新イボ対策はこちら